親のこと

認知症の兆候|母がおかしいと思い始めたとき①

投稿日:2019年4月27日 更新日:

母が認知症になる前の漫画です。

近所に住んでいたころは、母は50代後半くらいだったと思います。
よく会ってはたわいもない話をしておりました。

職を何度か替わった母でしたが、ブティックの店員は、定年をすぎるまで働きました。

仕事人間のようでしたが、家では花を育てたり家事をするのが好きでした。

スポンサーリンク

母は高価な服を扱う店で働いていたため、店の服も購入しなくてはならず、いつも仕立てのよい服を着ていました。

それに対して、私は売れない漫画家でしたので、お金もなく、お洒落してお出かけすることもろくにせず、
家で仕事をしていたので、年中着の身着のままのような有様でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-親のこと
-,

執筆者:


  1. ヤブツルアズキ より:

    大沢先生の漫画大好きでした。誰にも似ていない絵柄、ギャグもユニークで楽しくて。今もファンです。

    • osawatomoko より:

      ろくなPRもしないで始めたブログを見つけてくださり、ありがとうございます。
      こちらはのんびり準備中のため、適当にお付き合い頂けたらと存じます。
      覚えていてくださりありがとうございました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

認知症の兆候|母がおかしいと思い始めたとき②一緒に暮らすと離れて住む違い

同じ町で気軽に行き来していた母が引っ越し、離れて暮らすようになりました。 しばらくは元気で穏やかに暮らしていたのですが、徐々に 「なんだか様子がおかしい」と姉から聞くようになりました。 一緒に住んでい …

「親ガチャ」という言葉が生まれた背景に思う

コロナ禍で、貧困格差がかなり広がって可視化されるようになり、『親ガチャ』なる言葉が、ネット上に散見されるようになりました。 自分も、親をテーマにブログを書いているので、気になる言葉でした。 自分の親の …