オスマンネット

気になる情報とうちわネタ

大沢まんが

トラウマになった怖い話(続編)

投稿日:2019年4月24日 更新日:

前回の続きです。
お食事中の方は閲覧注意です。

私が子供の頃、両親は果実店を経営しており、お店と自宅が離れていたのです。
漫画にある部屋は、お店のほうで、店の奥に小さな台所と、4畳半と板の間、3畳の部屋がありました。
お風呂がなく、昔懐かしいボットン便所で、子供の頃はトイレが怖くて困っていました。
私が小学生になり、近所に水洗トイレとお風呂のついたアパートを借りて、両親だけ仕事に通っていました。

大人になってから、むかし住んでいた町を歩くと、こんなに狭い世界にいたのかと驚きます。
家と仕事場が歩いて5分もしない場所にあったなんて、子供の頃は気がつきませんでした。

スポンサーリンク

-大沢まんが
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夜のドライヴで事故

『ほんとうにあった愉快な話』で連載していた「オフレコアワー」という漫画です。 本人は愉快でもなんでもないんですが、のど元過ぎれば暑さ忘れるで、描くだけ描いてみました。 認知症になった母が40代頃の話が …

夏休みの思い出の巻

刺激の強いシーンがあります。苦手な方はご遠慮ください 子供の頃、夏休みには福島県いわき市にある母の実家へ毎年泊まりに行ってました。 野菜と果物(なし、いちじく)は畑から。 玉子は近所の養鶏場から野菜と …

母が登場した昔描いた漫画について

『本当にあった愉快な話』という雑誌で、「オフレコアワー」という、エッセイまんが的な作品を連載していました。 なんとなくヤバめの話を書こうということで「オフレコアワー」というタイトルにしたのですが、 今 …

災害は忘れた頃に・・・

この漫画の連載は2000年頃からだったかと思います。 この漫画を描いて15年ほどあとに、東日本大震災がおこりました。 いつかは来るとは思いながらも、いざ来てみると、ろくな備えをしていないと思い知ります …

夜のドライヴで立ちゴケ

『本当にあった愉快な話』という雑誌で、「オフレコアワー」という、エッセイまんが的な作品を連載していました。 オフレコアワーに掲載された、むかしの母が出てきた漫画です。 認知症になる前の、40代頃の母は …