大沢まんが

トラウマになった怖い話(続編)

投稿日:2019年4月24日 更新日:

前回の続きです。
お食事中の方は閲覧注意です。

私が子供の頃、両親は果実店を経営しており、お店と自宅が離れていたのです。
漫画にある部屋は、お店のほうで、店の奥に小さな台所と、4畳半と板の間、3畳の部屋がありました。
お風呂がなく、昔懐かしいボットン便所で、子供の頃はトイレが怖くて困っていました。
私が小学生になり、近所に水洗トイレとお風呂のついたアパートを借りて、両親だけ仕事に通っていました。

大人になってから、むかし住んでいた町を歩くと、こんなに狭い世界にいたのかと驚きます。
家と仕事場が歩いて5分もしない場所にあったなんて、子供の頃は気がつきませんでした。

スポンサーリンク

-大沢まんが
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

保護中: キャスお茶ばくお礼まんが(非公開)

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

トラウマになった怖い話(G注意)

刺激の強いシーンがあります。苦手な方はご遠慮ください 雑誌『本当にあった愉快な話』の連載「オフレコアワー」より 怖い話3本立てです。雑誌は『愉快な話』だったはずなんですが・・・ 虫が苦手な方は閲覧ご注 …

初めてのひとり暮らし

初めてひとり暮らしをした時の話です。 ひとり暮らしを始めるきっかけは、大抵の方は大学進学や就職などでの状況かと思いますが・・・ スポンサーリンク 漫画の中で、1kで4万5千円の家賃が安いと喜んでおりま …

#桜並木を切らないで2

《近況》 上瀬谷、細谷戸方面草原の丸刈り始まりました。フサフサの草原が😭小さなホトケドジョウ(絶滅危惧種)が棲む小川も破壊して戻れない開発、粛々と進行中😡半年のディズニ …

#桜並木を切らないで 1

《参照》 市長の言葉や市の計画を鵜呑みにする人もいるかもしれない。 しかし。 4/10付神奈川新聞の記事にある樹木医の言葉や、 井上さくら市議が委員会で行った渋滞に関する質疑を少し調べたら、 市のいう …