親のこと

親が認知症になりました

母が登場していた昔描いた漫画

母の子供時代の話

投稿日:2019年4月17日 更新日:

母が子供の頃の話です。
『本当にあった愉快な話』オフレコアワー連載の第1話めがこれでした。

『本当にあった愉快な話』という雑誌は、タイトルの通り、噓のような本当の話を投稿で集めて、漫画家さんが漫画にする雑誌でした。

その中でも、私は投稿ネタが振られるわけではなかったので、連載の話がきたとき、身の回りのあまり人に堂々とは話せないタイプの話題を提供することにしました。

そうなるとやはり、自分の家族や親戚などの、昔の話や、比較的バラしても訴えられないような(笑)話を描くしかないなあと思い、始めに描いたのが母と叔母の話でした。

「ねいちゃん」と呼ばれている、三つ編みの少女が母の小さい頃となっています。
昔は子沢山の家庭が多く、小さい子の面倒は上の子が見るのが当たり前だったようです。
母の生まれた年などを考えると、この頃はまだ終戦前ではないかと思うのですが、
田舎の農村で、大人の目が届かないところで、子供が川に遊びに行くって、猛烈に危険なシチュエーションですね。

いくら子供が沢山生まれた時代でも、この調子では、戦争なくても全員が無事に成人するなんて奇跡な感じがします。
それにしても、一番下の叔母が助かってよかったです。

スポンサーリンク

これを描く時に、普段は時代背景などあまり考えずに描いていた私が初めて、母に
「おかんの子供の頃ってキモノ着てたの?」と聞きました。

母は、
「へっ?アッハッハッ!そんなわけないだろ!アッハッハッ!いや~この子は!まったくっ!」
と、しばらく笑っていました。

今、当時の母の年齢に近くなって、もし自分に子供が居て、同じ事を言われたら、やっぱり
「そんなわけないだろ!」
とか言いそうですが、今の子供さん、自分の親の子供時代の写真見ることってあるのでしょうか。

スポンサーリンク

-母が登場していた昔描いた漫画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夜のドライヴで事故

『ほんとうにあった愉快な話』で連載していた「オフレコアワー」という漫画です。 本人は愉快でもなんでもないんですが、のど元過ぎれば暑さ忘れるで、描くだけ描いてみました。 認知症になった母が40代頃の話が …

トラウマになった怖い話(G注意)

刺激の強いシーンがあります。苦手な方はご遠慮ください 雑誌『本当にあった愉快な話』の連載「オフレコアワー」より 怖い話3本立てです。雑誌は『愉快な話』だったはずなんですが・・・ 虫が苦手な方は閲覧ご注 …

夜のドライヴで立ちゴケ

『本当にあった愉快な話』という雑誌で、「オフレコアワー」という、エッセイまんが的な作品を連載していました。 オフレコアワーに掲載された、むかしの母が出てきた漫画です。 認知症になる前の、40代頃の母は …

初めてのひとり暮らし

初めてひとり暮らしをした時の話です。 ひとり暮らしを始めるきっかけは、大抵の方は大学進学や就職などでの状況かと思いますが・・・ スポンサーリンク 漫画の中で、1kで4万5千円の家賃が安いと喜んでおりま …

福島のイトコの話

母の故郷は福島のいわき市です。 市内には、母のきょうだいが住んでいて、私のイトコもいます。 毎年夏には姉と遊びに行っていたいわき市。 2011年3月、まさかあの懐かしい土地が被災するとは、この漫画を描 …